2011年4月9日土曜日

9日(土)京都を出発

本日9日(土)、SWTJ事務局が設置された「清課堂」の前で、最終的な物資・資材の積み込みをしました。

今回は調達の都合でそれほど大きくない車両のため、寄せられた物資の輸送には限りがあります。主に、現地調査に必要な事務用品、それから子供たちのためのポン菓子、綿菓子、たこ焼き製造のための什器が主になります。それから、汚泥が乾燥し砂塵が大量に舞う沿岸部にまだまだ行き渡っていない防塵マスクを、今回大量に積み込みをしました。発電機一台は、オートガレージフェイス様より無償貸与いただきました。

事務局前で集合写真。左より、賀茂鶴酒造から太田、ウェブエンジニアで建築家の首藤、福島出身メッセンジャー佐久間、メカニック井上、事務局山中・上田。残念ながら、今回の第一陣では積みきれなかった支援物資もたくさんありました。次回からは大型車両で参ります。

支援者を交えた壮行会会場2箇所を回った後、夕方には京都を出、佐久間の実家福島に立ち寄り情報を集め、一路塩釜ボランティアセンターへ向かいます。途中東北大学教育学部のチームと合流予定。

事務局山中

0 件のコメント:

コメントを投稿