2011年4月4日月曜日

ファーストミッション東北@連帯

ソリダリティーという言葉がまだ日本で市民権をえていないなか、連帯という単語は非常に左翼的なイメージを持つ人がいるかもしれません。(団塊の世代以上)でもそんなの関係ねー。
このSOLIDARITY WITH TOHOKU連帯@東北は、忘れない、続ける、少数の必要性を排除しない、文化としての連帯、社会弱者の視点からの支援を行う組織として立ち上がりました。我々は100%ボランティアであり、いっさいの収入は会からうけとりません。誰からも影響をうけない独立した組織です。簡単に言うと時間と高いスキルと多くの愛を提供する人々が集まっています。
前置きはさておき、今回のメンバーを紹介します。
井上康二、エンジニア、メカニックたこ焼き担当。かたいやろなー。彼は物作りのスキルが非常に高いが、難点は、タイヤの着いた物に目がないこと。体一つで運転できる車は一台だということを知らない。もちろん、車両担当。薪風呂釜を製作中。
太田裕人、広島から参加。賀茂鶴酒造A代表シンガーソングライター。どんな場面でも歌を歌い続けるマイクいらずのパワフルボイス。ちょっと甘えたな泣き虫。たぶん、現地でいちばん泣くだろう、愛あふれる歌のお兄さん。エンターテイメント&重労働担当。
佐久間重光、福島県出身。写真家、建築業界に居ながら自転車野郎。地元のナビゲーター。被災地の情報収集力はすごい。東北人のねばりと芯の強さはピカイチ。綿菓子担当。
首藤直哉、イスラム建築専門。SWTJのホームページをいち早く立ち上げてくれ、管理してくれている現場からもリアルタイムで情報を流してくれる。料理の腕もすばらしく。まかない、炊き出し、現地会計担当。ポン菓子機が借りられればポン菓子担当。京都市左京区いち気が利く現場事務局長。
吉川恭生、大きい声を出すだけの隊長。
以上5名、最高のメンバーで、4月9日から14日まで行ってきます。
その他、事務局長をはじめ、京都事務所に心強いサポートスタッフ、連帯ステッカーを買ってくれた支援者の方々、我々のまわりに居る数多くの友達に支えられていること誇りに、みんなの気持ちを持っていきます。

状況は刻々と変わってますが、今現在のプランは、福島県からスタートして状況を見ながら北上していくつもりです。物資も搬送しますが、おもに、震災以来、ずっと我慢を続けている子供達に、綿菓子、たこ焼き、ポン菓子(借りられれば)を届けようと思います。大人にはおいしいコーヒーや広島のお酒「賀茂鶴」。できればタバコも。本も持っていこうと思います。一回目は、車が小さいので(でも普通の車より大きい)たくさん物資は運べないが、ちょっとした楽しみを届けたい。
他に、佐久間がつないでくれた、多摩美術大学の学生が作ったLEDライトを(これで、夜、きがねなく本が読める)持っていきますhttp://lighteasyday.tumblr.com/。賀茂鶴酒造さんから提供を受けた、お酒と酒粕二斗(一升の20倍)粕汁は体も暖まるし、お腹持ちも良い。甘酒もできるよ。保存しやすい。
現在計画中の露天風呂計画は、現地の状況をみて進めようと思う。
阪神大震災で経験したボランティアシンドロームの対応や、国境なき医師団で活動した経験を生かしてがんばってきます。

安全運転で行ってきます。

やすお


April 4, 2011

Since the day after the 3/11 earthquake and tsunami, friends of SWTJ have worked very hard to raise funds, design and organize stickers, sell stickers, establish and manage the SWTJ office, set up this website, organize a car, a cotton-candy machine and takoyaki pans for our first mission, repair and prepare tools and cooking gear, and gather and buy supplies and donations…among many other tasks. Thanks so much to you all! Also big thanks to all of you who have already bought SWTJ stickers in shops or online, and to those of you who have generously sent money donations. The first mission is now ready to go! 

SWTJ sends a delegation of 5 volunteers to Tohoku from April 9 to April 14. They are:
Inoue Koji, a mechanic who can fix just about anything that has wheels or an engine. We count on you, Inoue!
Sakuma Shigemitsu, architect, photographer, and outdoor specialist. He’s one of the fastest cyclists around! Sakuma has roots in Tohoku and will be our lead local navigator and information gatherer.
Shuto Naoya, computer specialist (thanks for setting up this website!), will send off reports from Tohoku real time. He is also an excellent cook!
Ota Hiroto from Sake Brewery Kamotsuru in Hiroshima, singer/song-writer/guitarist: Hiroto’s music is one of our most precious emergency supplies!
Yoshikawa Yasuo, initiator of SWTJ, mood-maker, enthusiastic cook, and famous for his loud voice!

The main purpose of this first mission is to bring a little comfort to some of the many people who still live in dire conditions in the areas affected by the earthquake, especially also the children. The delegation will leave from Kyoto by car. Planned activities for this mission:
-We cook soups and other dishes on the way through Tohoku for those who welcome a warm meal.
-We distribute some basic supplies to some who may not have received them yet
-We buy newspapers with the latest news to bring to areas where they are hard to come by. We also carry second-hand books.
-We make TAKOYAKI (Japanese savory snack) and COTTON CANDY on the way for groups of children. Our cotton-candy machine can be operated with the generator we carry with us if electricity is not available on-site.
-We distribute LED lights, a Tama Art University Project  (great for reading at night in evacuation centers when lights go off). Thank you Sakuma for letting us know about this great project.
http://lighteasyday.tumblr.com/ 
-We make some good coffee for people we meet on the way, we listen, and we help with whatever is necessary.
-We bring along Japanese rice wine and sakekasu lees (a sake by-product from which soups and amazake sweet drinks can be made) donated by the Kamotsuru Shuzo Brewery in Hiroshima. Thanks!
-Hiroto will bring his guitar and his songs - perhaps a time for some much needed smiles or tears.
- We collect information on how we can best help next time- we will be back in Tohoku soon!    

SWTJ has been set up to support survivors of the March 11 earthquake and tsunami over the long term. We aim to especially stand by those who are weak, socially underprivileged, or forgotten. We seek to cooperate with those affected, to identify their true needs, and to adapt support measures to individual or special needs.   
Friends of SWTJ (Solidarity with Tohoku, Japan) donate their time and professional skills. None of our volunteers receive any remuneration.





2 件のコメント:

  1. LED ライトの英語の方のリンクだけうまくつながりません。URLは同じに見えるのに。。。
    一度チェックしてみてください。

    返信削除
  2. むむ、日本語環境からは両方つながります。
    どうしてかな?

    返信削除