2011年6月6日月曜日

関西日仏会館マルシェ活動報告

昨日6月5日(日)に関西日仏会館ガーデンにて開催されたマルシェ(朝市)での活動報告になります。

今回は、主催者のena株式会社 井原様の御好意により無償でブースを提供頂き出店しました。

智恩寺手作り市や京都府庁マルシェなどに出店しているような、手作りのお菓子であったり有機栽培の野菜を売っているお店がたくさん出店していました。特にここ日仏会館マルシェはテント意匠を全店で統一しており建物の白さと庭の緑と相まって非常に良い雰囲気です。
いつもは現地での炊出しと同じたこ焼きやポン菓子をするのですが、今回はステッカー・手拭いの販売と、私達の活動を少しでも多くの方達に知ってもらえるように丁寧に説明する事に専念しました。 丁度マルシェの行われている日まで第三次京都キャラバンが現地で活動していたので、リアルタイムの活動という事でどの方も真摯に話に耳を傾けて頂けました。出店者も来場者もボランティア活動に非常に関心が高く、現地には行けない私達の代わりにと たくさんの方々に協賛して頂けました。株式会社indigoの多喜様にはブログで紹介して頂けたりと、関西での東北@連帯の輪も益々広がっていきます!

ここ日仏会館は、場所柄海外の方も多く訪れており、活動趣旨の説明に吉川ベアトリスの書いた英語訳の文章が非常に役立ちました。

昨夜、福島県の実家と電話をしたのですが、メディアでの先のみえない報道と連日連夜続く余震とで精神的にかなり疲れてきていました。現地の方が何より辛いのは私達の関心が無くなる事です。 この先何十年後か 現地で普通に生活する事ができるようになるまで、私達は定期的にチャリティーイベントを行い被災地、協賛して頂いた方の双方の想いを伝えるメッセンジャーとなり活動を続けていきます。


閑話休題
明日、6月7日(火)の京都新聞の朝刊に私達の活動と想いを取材して頂いた記事が掲載されます! 私も朝一でコンビニに買いに行きます! 皆様も是非に!

佐久間 重光@SWTJ

0 件のコメント:

コメントを投稿