2011年9月27日火曜日

被災地支援活動に初参加して(2)~甲斐可奈子

SWTJ第6次キャラバンに参加して】

「山水風土みな仏」 。これは気仙沼に到着した初日に、月立小学校付近の地元のトラック市場(地元の方々が農作物を持ち寄り売買する市)で、とあるおじいさんに教えていただいた言葉である。自然に畏敬の念をはらいその恵みに感謝して暮らしてきたのだろうその周辺には、稲が実り蕎麦は小さな白い花をつけ、豊かな自然が広がっていた。

しかし市街地に降りていくと(海の方へ向かうにつれて)その風景は一変した。かつて人々が生活していたところまで海水で浸り、下水管が破損して漏れだしている所もあるという。特に港付近ではヘドロがひどく海水の腐ったような臭いがした。(それでも臭いはかなりマシになったそう。)

私達が視察をした際にはその付近は大学生と思われるグループや個人のボランティアが懸命に泥かき等の作業にあたっていた。聞くところによると海水に浸った気仙沼の町は震災の影響で90㎝~120㎝の地盤沈下があり、港付近では道路と海が同じ高さになっていた。
仮に地面を1.5m2mかさ上げすると、それに伴ない上下水道の引きなおす必要があり、約2年の歳月がかかるとのことだった。このような状景が東北地方沿岸数百キロに及び続いていると思うと、復興、復興と声高に叫ばれてはいるが、震災から半年が経過したものの未だスタート地点ではなく、それは気の遠くなる様な時間の先にあるものに感じられた。

さらにこの震災の深刻な点は津波の被害に加え放射能問題が農業、漁業、畜産業に与える影響にあるだろう。お話をしてくださった子牛の繁殖農家さんは今年は売値が半分だと嘆いていた。また飼育用のわらを使うことも規制されているそうだ。一見津波の被害をまぬがれたかの様にみえる山間部でも震災は大きな爪跡を残している。

「放射線は心配ではないのですか。」と尋ねると「仕方ないねー。」と地元の方はおっしゃった。ここで生活している方々にとってはその言葉に尽きると思うのだが、この非日常が日常になっている状況に私は慣れすぎていなかったか、という思いも湧いてきた。

今回、京都の老舗和菓子店「大原女家」さんより「かま風呂(お菓子)」、おなじく「御所飴本舗」さんより「飴の詰め合わせ」をご提供いただき、気仙沼、南三陸、陸前高田の仮設住宅にお届けしてきた。南三陸町志津川地区では住民の皆様にお集りいただき茶話会を開催した。

お茶を淹れるのに必要なお湯、ポット、テーブルや湯のみがわりの紙コップ等は、こちらから準備して伺ったものの既にすべて準備されていた。月立小学校付近のぶどう農家さんにいただいたぶどうも手際よく洗われた。ご婦人方の段取りの良さはさすがだな、と感じた。ご自身で漬けたおしんこを振舞うかたもいらして(とても美味しいおしんこでした)お話に花が開き、楽しい時間が流れていた。

このような茶話会は今回が震災後はじめてだと聞いたが、これからも継続していくと良いなと思う。特に仮設住宅等で見知らぬ人と隣近所になったケースも多々あるが、何かをきっかけに交流し、深め、広がることによってそこに生きる人々が納得する地域再生のビジョンが描けるのではないか。震災の壊滅的な被害を目のあたりにして、元には戻れない、これからできてくる町、人と人との関係は新しいものなんだ、という印象を受けた。そしてその始まりは対話にあると思う。何気ないことでも何でもいい。

被災者の方々の哀しみや憤りは、被災者でない私が本当に理解することはとてもできないと思う。それでも地域の人々の声に耳を傾け、きっかけを共にし、その広がりに寄り添っていきたい。
何かをしてきたというよりも、頂いたことの方が多い3日間だった。

(事務局 甲斐可奈子)

0 件のコメント:

コメントを投稿