2011年12月24日土曜日

震災後9ヶ月が経過し、初めて現地を訪れる。

第9回:クリスマスキャラバン

平成23311日から約9ヶ月が経過。
9
ヶ月目にして初めて現地を訪れる。




昨年、私は足の手術を行い、震災直後はまだ手術した足に不安があったため、すぐに現地に赴く事ができなかった。
また、震災から月日が経つにつれ、『今から自分に何が出来るのか…』という思いもあった。

切っ掛けは今年の10月、SWTJの隊員でもある友人からのチャリティーライブの誘いからである。そこには学生時代にお世話になった講師の姿もあった。SWTJ代表の吉川恭生氏である。
この出会いを無駄にしてはいけないと感じた自分は、その場で現地に行くことを決心した。

自分自身の様々な問題と不安を抱えながら、12月の『第9回:クリスマスキャラバン』に参加。震災からすでに9ヶ月が経ち、体の不安が残ったまま、初めて現地(気仙沼)を訪れる。




蕎麦打ちを披露する気仙沼の吉田氏

現地の方にクリスマスプレゼントを手渡し。

私の不安とはよそに、気仙沼で出会った方々は皆、私を笑顔で迎えて下さった。そして、人には話せないような悩みや震災での記憶を私達に丁寧に話して下り、一人一人がそれぞれの思いや悩み、苦しみを持っている事を改めて知った。

中には私の手を取り、『よく来てくれた。よく来てくれた』と、何度も強く手を握り、目に涙を浮かべる方もいた。

そして、ここでは私の足を気にする人はいなかった。それよりも、自分が現地に来たことを喜んで下さった。

私は、今回の活動の中で、SWTJ(東北@連帯)メンバーが、なぜ、祭りのような事を現地に届けようとしているのか分かるような気がした。
私自身、現地の子供たちと触れ合ったとき、このような時でも、少しでも良い思い出になってくれれば、それで良いという思いでいた。
将来、この子供達が大きくなった時、震災の事を語る時が来るでしょう。
その時に、はっきりとは覚えていなくても、1つでも良い記憶として思い出して頂きたい。

 
  

今回のミッションを終え、私は自分自身としても何が出来るのかを考えたいと思った。
今回の活動では、現実に『見えた部分』と『見えていない部分』があることにも気付いた。
自分はこの『見えていない部分』にも、目を向けていきたいと考えている

この5日間の活動の中で気付いたことは大きく3つある。

まず1つ目は、現地に来て良かったという事。それは、活動を通じて、たくさんの現地の方々に出会えたことで、一人一人の想いを直接受け取る事が出来たという事。

もう1つは、自分が描いていたイメージと現実とのギャップである。ニュースや新聞では伝わらない現実がそこにあるという事。復興復興という社会的な流れに対して、現地の方々の心がそれについていけていないという現実。また、震災当初とは違い、人手不足という現実。津波の被害を受けた建物が、いまだに数多く残っているという現実。そして、今回の活動では出会えなかった方の中には、震災から9ヶ月が経過しても、このようなコミュニティーの場に顔を出せない方もいるという現実。

そしてもう1つは、現地の方と交流することで、復興は人が為すべきものだと改めて感じた。建物や道路が復旧しても、そこに人がいなければただの物でしかない。





改めて、私は本当に現地に来て良かったと感じている。
自分自身の目で見る事に大きな意味があった。
そして、『今からでも遅くはない』と感じた。


支援の形は様々な方法があると思います。しかし、私自身の願いとしては、今からでも現地に来て頂きたい。そして、被災した現場を見るだけでなく、現地の方々と話をして頂きたい。そう願っています。



 






貴重な話をして下さった気仙沼の皆様、本当にありがとうございました。
また必ず会いに行きます。
そして、今回のクリスマスプレゼントを用意して下さった支援の皆様、現地の方々に大変喜んで頂きました。本当にありがとうございました。

SWTJ 渡邉英治

________________________________________
9回:クリスマスキャラバンスケジュール
10日 18:30京都出発
11日 10:00 気仙沼小学校(キャンプ地)着
      ソバ打ち会・クリスマスプレゼント手渡し
12
日 気仙沼海岸付近を視察
    陸前高田柳澤会館にてキムチ漬け・参鶏湯・クリスマスプレゼント手渡し
     新築祝いに参加
13日  仮設児童館参加・
クリスマスプレゼント手渡
14日  南相馬へ出発
     南相馬最後の避難所を訪問・クリスマスプレゼント手渡
15日  帰京
 ________________________________________

0 件のコメント:

コメントを投稿