2012年2月29日水曜日

2/16 八瀬森の学校(旧月立小グランド仮設)

2月16日。この日は午前中お休み頂戴しました。
キャラバン期間中滞在している八瀬森の学校
(旧月立小学校)のちょうど隣の旧中学校は、
気仙沼復興協会さん(通称KRA)による
「思い出は流れない:写真救済プロジェクト」の
活動場所および展示場となっています。
職員さんとボランティアで、津波で流れた写真洗浄されています。
少しの間、見学させていただきました。

活動は、このプロジェクトを立ち上げられた高井さんの
「思い出は流れない写真救済プロジェクト」ブログ
をぜひご覧ください。

手際良く、泥のついた写真たちが綺麗になってゆきます。
展示場では写真だけでなく、思い出の詰まったであろう
さまざまな品物が並んでいます。

さて、この森の学校グラウンドには炭焼き小屋が建立されています。
宮城県観光連盟観光エコ活動推進事業により、
水車小屋炭焼き小屋による里山体験の推進
に本格的に取り組んでおられます。
気仙沼のグリーン・ツーリズム復興に向け
22日に予定されているお披露目式を目前に
着々と大工工事が進んでいました。

隊員もこの炭焼き小屋の屋根貼りをお手伝い。
石本隊員はご主人が大工さんということもあり、
木工・釘打ちは得意中の得意らしいです。
仮設住宅の住民もお手伝いされていました。


午後から、地元八瀬地区の方々、
グラウンドの仮設住宅の方々、
お隣で作業されている復興協会の方々を交え
、チョコレート作りを楽しむ会の開催です。
場所は、森の学校の食堂をお借りしました。

オレンジ色が復興協会さんのシンボルカラー。
この職員さんの多くも被災された気仙沼の方々。

チョコレートプリンづくり。
写真洗浄のボランティアに来ていた、
東洋大学のチームも一緒に作業します。

地元の方、仮設の方、学生ボランティアとの交流。
様々な角度からの気仙沼の話を聞くことができました。


お手伝いいただいた方々と記念撮影。
この日は、滞在基地での開催ということもあって
比較的のんびりとした一日となりました。

準備していたチョコレートは、この日まででほとんどを
消費してしまい、菓子問屋から現地へ
追加のチョコレートを直送してもらいました。

山中

0 件のコメント:

コメントを投稿