2012年3月2日金曜日

2/18 陸前高田広田小友 柳沢仮設・財当仮設

2月18日。また寒い日になりました。
午前9時の時点で、氷点下4度。
当時の気温に全く関係なく、
マイクロバスに乗り陸前高田市を目指します。
広田半島小友柳沢集落についた時には、
すでに沢山の人たちが集まっていました。








ご挨拶と作り方の説明はほどほどに、
さっそくチョコづくりに勤しみました。

この日はたまたま土曜日ということもあって、
子供たちの参加も多い日となりました。
急遽現地で参加してくれることになった、
東洋大学の学生ボランティアさんたち、
意気投合して参加してくれた早稲田大チュウ君
意外な男子も交え、チョコづくりをしています。

年配の方々の盛り上がりも大変なものでした。
実をいいますと、この仮設集落は、
普段はなにか企画が持ち上がっても、
なかなか人出が集まり盛り上がらない
という前評判が我々にあったところ。


行ってみると全くそうではなく、
抱えている悩みや課題、
これからどうしてゆけばいいか
またぜひ来てほしい、など
沢山のお声をいただくこととなりました。


ここでも、名残惜しくもお別れです。
また、かならず来ます。

==== おひるごはんを食べて ====

今度は、すぐ近くにある集落、財当仮設集落へ
こちらにはすでに何度か訪れたこともあり、
顔に見覚えのある方もちらほらいらっしゃいます。
SWTJ陸前高田市部長も駆けつけてくださいました。

仕事の休みを利用して、週末に参加してくれた引田隊員
保育士の彼女は、子供・お年寄りともすぐ親しくなります。

計8カ所回ったチョコレート作りを楽しむ会、
ここ財当仮設が最後の会場となります。
体はくたくたですが、皆さんの笑顔を見ると
逆に力をもらうことが出来ました。




小友町にも慣れ親しんで、身近に感じることができました。
この高台から見下ろす景色も今日で最後です。
ながい、ながい、チョコレートキャラバンも、これ終了です。

山中


0 件のコメント:

コメントを投稿