2012年5月1日火曜日

4月20--25日報告③出会った人たちから聞いたこと

私は、初めて東北に行きました。
SWTJの方に言われたことがあって、「想像力をもって寄りそってゆくことが大切。」と。

被災者の方々の痛みや、ストレスは私の想像力では足りないものでした。
いろんな人たちから聞いたこと、話したことを紹介したいと思います。














年齢不詳なこの方。
元マグロ船の料理長。
独身:車の免許なし:もちろん車なし:携帯電話なし:仮設住宅暮らし:手先が器用:料理上手:嫁っこ募集中
中学卒業してすぐにマグロ船に乗ったので、車が必要なかった。
震災後、山の中の仮設住宅暮らしになってしまい、車のない生活に不便を感じる。
片道2時間もかけて、街に歩いて買い出しに行く。
バスは1日4本程度しかなく、往復960円もするので節約したい。
「吉川さんたちが来てくれなかったら、おら達気がくるってしまうと思うっぺ」
ぽそっとつぶやいた一言にドキリとした。
入居して半年が経つのに、隣の住人を昨日初めて見たらしい。

カラオケ大好き:奥さんと息子さんと3人で仮設住宅住まい:お母さんと喧嘩中
喧嘩のもとは、お父さんの大工仕事の騒音。
トントンという音が隣の人たちに迷惑なのではないかと奥さんは心配している。
震災がなければ、近所と密接した生活ではなかったので、この喧嘩もせずにすんだのに・・。










何度も方言を理解できずに聞き返してごめんなさい。
私たちのお世話をしてくれた。みんなのお世話に大忙し。
これからの復興に向けて、何を開発して産業にしていくか模索中。
美味しそうにマッコリを飲んでいた。森の学校の校長さん

スポーツマン:町の事、人のことならお任せ。
私たちの送り迎えをしてくださった。宿泊の手配も。
吉川さんのお目付役?何かと気苦労が多い。
酔っ払って無くした吉川さんのピアスを、屋外なのに探し出した天才。









やたらと私に「まり子さんお湯入れてけろ。」とせがむ。
お湯割りばかり飲んでいる。
震災でお嬢さんを亡くされ、ふさぎ気味でいた。
先日のお花見キャラバンに初めて参加してくれた。立ち直ろうと頑張ってくれていた。
もっと、お湯割りたくさん入れてあげたらよかった・・・。

仮設に入居しているおばあちゃん。
髪を切っている最中に、最近あまり寝れていないことを打ち明けてくれた。
仮設に入っていると、あまり動かず、話さずに過ごしてしまうので眠れない様。
足腰も弱ってしまう。

テキパキと料理をこなすお母さん。私に食べ物をたくさん与えてくれる。
手先を切ってしまった私に、たくさん絆創膏を持って来てくれて、予備も持たせてくれた!
持病の治療をしたくても、みんなが不自由な生活をしているので、
自分だけが便利な病院に入院してしまうと申し訳なくなり、辛くなっている様。
私があまりにワカメを気に入って食べているので、たくさんお土産に持たせてくれた♪









タコ漁師の奥さん。最近体調を崩している。
震災後、尽力されて、みんなに食料を確保してきたすごい人。
一年たち、今になって体調が崩れてきたことを打ち明けてくれた。
6月には船が届くらしい。漁再開。美味しそうにワカメを食べる私を温かい目で見守ってくれた。
「このワカメ食べたら、私みたいな髪になるよ(笑)たくさん持って帰ったらいいよ~」

震災後、支援物資に塩でまぶされたワカメがたくさん届いた。
ここの人にとっては、それはワカメではなかった。ふにゃふにゃしたワカメもどき。
豊かな暮らしをしていた人にとっては、そこらじゅうのものがストレスだったに違いなく・・・。
私たちだってお米の無い時に、外米ばかり食べるのではかなりのストレス!
小さな我慢や、不自由が集まって、積み重なって、体を蝕む。
タコ漁師さん
「マリ子ちゃんオラも切ってけろ」  (私)「!!!(何処を??)」
「眉毛切ってけろ。」 (私・・・一安心。
みんなの包丁を研いであげていた。包丁を手にしたお母さんたちの行列に笑顔で答える。
みんなの先に立って楽しみ、おどけて場を盛り上げる天才。

閉めの話のときに「そっな話辞めろ!なぐな(泣くな)」本人にも涙か?
「おら、ないてんじゃね。鼻水が目からでんだぁ」」
そんな事を本気で言っている光景を初めて見た!
ほんとに温かい素敵な人。










この絵、びっくりするぐらい似てない・・・。
穏やかで、やさしい控え目なお母さん。
サメの心臓の刺身(酢味噌に付けて食べる)や、ふかひれスープ、ホヤの塩辛、貝柱の和え物とか、珍しいものを差し入れてくれた。料理好き。台所が好きらしい。
粕漬の魚を私が焼くことに・・・。自信が無いので助けてもらった・・・。(ごめんなさい)

髪を無理やりにカットさせてもらった。震災後、初めて美容師にカットしてもらったらしい!
いつも行っていた美容室は津波で流されてしまった。
別のところで再開したらしいが、髪を切り行く気力がなくなっていたそうだ。 とても喜んでくれた。
震災前は、街に住んでいたので、カエルがとっても苦手・・。山の中だから毎日カエルの合唱が怖くて仕方がない。あんなにかわいいカエルなのに・・・。
かわいそうに。
「若いときは色々あったけどねぇ、今となってはこの人と一緒にいられて幸せよ。」っとカットの最中に話してくれた。とっても穏やかで優しいご主人。
↓上の絵の方のご主人。美味しそうにお酒を飲んでいた。








ベコ(牛)を売ってきた農家の人にも会った。
干し草からセシウムが出てしまい、飼料は輸入の安全なのも、しかしコストがかっかって仕方ない。でも、オラ達は畑でできたセシウム入りのものを食べるしかない。何の為に酪農をしているか分からなくなった。ベコは3万円で売ってきたらしい・・。
安すぎる。怒っていた。

みんな言葉が無かった。

他にもたくさんの人に出会った。
屋外カットで冷たくなった手のひらを握って温めてくれたお母さん。
アツアツのコーヒーを内緒よっと飲ませてくれたり。(誰に内緒なのか・・・。

美容師さんにも3人も会った。みんな津波で流されてしまったらしい。
道具がそろえばまた美容室をしたいですか??という問いに、もう気力が無いわー。
でも、私がカットしている姿は気になるらしく、観察していた。
美容師魂に火がついていたらいいな。。

たくさんたくさん声をかけてもらった。
とっても歓迎をしてもらった。
私の想像力では至らなかった苦労が少し見えた。

もっと、もっと遠くを想って寄り添うことのできる人にならなければ。
とても貴重な出会いを頂きました!
ありがとうございました。

また会いに行きます。


松永マリ子@SWTJ

4月20--25日お花見キャラバン報告②

4月20日からSWTJ「お花見キャラバン」に隊員として参加させて頂きました。





SWTJでは心の支援に力を入れています。

“孤独死”という単語を、最近テレビで耳にすることがあったり。
阪神淡路大震災の時にも耳にして、問題になってました。
予防策としてSWTJでは
○仮設住宅に引きこもってしまわないように、人とのかかわりをつくりだす。
○コミュニティーの再構築のお手伝いをする。  と、私は理解してます。

今回は、宮城県気仙沼の、「新庄小学校の仮設住宅」と「陸前高田の仮設住宅」の2か所にお花見イベントを届けに行きました。




--メニュー--

ラクレット(スイス料理:ふかしたジャガイモに、ラクレットというチーズを輻射熱でとかして食べる)
筍ごはん
菜の花のおひたし
ソーセージ(生ソーセージを京都から持参)
野菜たっぷりスープ
フルーツサラダ

 前日に月立小学校の調理場をお借りして準備。

瀬戸さんと菜の花を茹でています
セロリを切ったり人参むいたり。
筍のあく抜き覚えれました!


ラクレットをふるまうベアトリックスさん



最初は遠巻きに見ていたお母さんたちも、
「美味しい!」と喜んでくれました♪

一通り食べると、次は瀬戸さんの音楽の時間。
みんなで“365歩のマーチ”とか演歌とか歌ってました♪

私も歌いながら・・・。


青空美容室。



吉川さんが近寄ってくると、
「あっち行って―!邪魔しないで―!」
と、お母さんを守ってました。
怖かったのかな?? 私も、お母さんも大爆笑。
子供の髪も、編みこみしてみました。

仮設住宅に入って6~8カ月は経とうとしているのに、初めて話をした入居者さんもいたようで、
話が盛り上がっている様子でした。

↑おそろいのハンチング。南三陸で購入。
大漁旗でできていて、世界に一つだけ!


日なたでカットをさせて頂いていると、
「あんな大きな もみの木があったんだね。
 ここに来て、初めて空を見上げた気がするよ。」
と言っていただけました。






次の日は陸前高田。








バーベキューを準備して私たちを迎えてくださいました。
瀬戸さんのクラリネットに合わせて、踊ったり歌ったり。
盛り上がってました♪

そんな中、私は・・

仮設住宅の端っこでヘアカット。
「もうすぐ畑作業が始まっから、短く切っといてけろ。」
←ベアさんは、丁寧にみんなに声をかけて、
何か困ったことはないか、話を聞いてました。
親身に話を聞く姿勢に脱帽。 笑ってごまかしてはいけないな・・・。
と、反省です。

そして2次会

ここでも瀬戸さんは伴奏。
みなさん気持ちよく歌ってくれてます
2次会の閉めに会長さんが話をしてくれた事に一同、涙。

震災で、お嬢さんをなくしてしまった方が、みんなの前に出てきてくれた。
歌まで歌ってくれた事に喜んで、うれしくて涙しました。
私も、みんなの一人を想う気持ちに感動して涙。



帰り道、世界一有名になってしまった マグロ漁船の鹿折(ししおり)へ大きい・・・。
海も見えないこんなところまで、こんな大きな船が来たなんて・・・。
倒れないようにでしょうか?
大きな鉄の柱で支えてありました。



「お花見キャラバン」で足りなかったものは「桜」だけでした。

皆さんが、ほんのひと時でも笑顔になって、気持ちをほぐして過ごしてくれた。
そんな些細な事が、今は有難いことなんだ。

とても意義のあるミッションに参加できたことに感謝です。

続く。



松永マリ子@SWTJ