2012年5月1日火曜日

4月20--25日お花見キャラバン報告②

4月20日からSWTJ「お花見キャラバン」に隊員として参加させて頂きました。





SWTJでは心の支援に力を入れています。

“孤独死”という単語を、最近テレビで耳にすることがあったり。
阪神淡路大震災の時にも耳にして、問題になってました。
予防策としてSWTJでは
○仮設住宅に引きこもってしまわないように、人とのかかわりをつくりだす。
○コミュニティーの再構築のお手伝いをする。  と、私は理解してます。

今回は、宮城県気仙沼の、「新庄小学校の仮設住宅」と「陸前高田の仮設住宅」の2か所にお花見イベントを届けに行きました。




--メニュー--

ラクレット(スイス料理:ふかしたジャガイモに、ラクレットというチーズを輻射熱でとかして食べる)
筍ごはん
菜の花のおひたし
ソーセージ(生ソーセージを京都から持参)
野菜たっぷりスープ
フルーツサラダ

 前日に月立小学校の調理場をお借りして準備。

瀬戸さんと菜の花を茹でています
セロリを切ったり人参むいたり。
筍のあく抜き覚えれました!


ラクレットをふるまうベアトリックスさん



最初は遠巻きに見ていたお母さんたちも、
「美味しい!」と喜んでくれました♪

一通り食べると、次は瀬戸さんの音楽の時間。
みんなで“365歩のマーチ”とか演歌とか歌ってました♪

私も歌いながら・・・。


青空美容室。



吉川さんが近寄ってくると、
「あっち行って―!邪魔しないで―!」
と、お母さんを守ってました。
怖かったのかな?? 私も、お母さんも大爆笑。
子供の髪も、編みこみしてみました。

仮設住宅に入って6~8カ月は経とうとしているのに、初めて話をした入居者さんもいたようで、
話が盛り上がっている様子でした。

↑おそろいのハンチング。南三陸で購入。
大漁旗でできていて、世界に一つだけ!


日なたでカットをさせて頂いていると、
「あんな大きな もみの木があったんだね。
 ここに来て、初めて空を見上げた気がするよ。」
と言っていただけました。






次の日は陸前高田。








バーベキューを準備して私たちを迎えてくださいました。
瀬戸さんのクラリネットに合わせて、踊ったり歌ったり。
盛り上がってました♪

そんな中、私は・・

仮設住宅の端っこでヘアカット。
「もうすぐ畑作業が始まっから、短く切っといてけろ。」
←ベアさんは、丁寧にみんなに声をかけて、
何か困ったことはないか、話を聞いてました。
親身に話を聞く姿勢に脱帽。 笑ってごまかしてはいけないな・・・。
と、反省です。

そして2次会

ここでも瀬戸さんは伴奏。
みなさん気持ちよく歌ってくれてます
2次会の閉めに会長さんが話をしてくれた事に一同、涙。

震災で、お嬢さんをなくしてしまった方が、みんなの前に出てきてくれた。
歌まで歌ってくれた事に喜んで、うれしくて涙しました。
私も、みんなの一人を想う気持ちに感動して涙。



帰り道、世界一有名になってしまった マグロ漁船の鹿折(ししおり)へ大きい・・・。
海も見えないこんなところまで、こんな大きな船が来たなんて・・・。
倒れないようにでしょうか?
大きな鉄の柱で支えてありました。



「お花見キャラバン」で足りなかったものは「桜」だけでした。

皆さんが、ほんのひと時でも笑顔になって、気持ちをほぐして過ごしてくれた。
そんな些細な事が、今は有難いことなんだ。

とても意義のあるミッションに参加できたことに感謝です。

続く。



松永マリ子@SWTJ



0 件のコメント:

コメントを投稿