2012年9月15日土曜日

第15回京都キャラバン①

この夏、SWTJは八瀬・森の学校と共催で、気仙沼市の子どもたちを中心に23日のサマースクールを実施しました。このように宿泊を伴って子どもたちと過ごすのは初めての試みで、参加したスタッフにとっても多くの気付きがありました。今回の経験をもとに、これからも被災地の子どもたちに元気を届けられるイベントを計画していきたいと考えています。

SWTJプレゼンツ わいわいワクワク夏休み!                          
 「気仙沼サマースクール in 八瀬(やっせ)」                      
■日時:2012820日(月)~22日(水)                             
■場所:八瀬・森の学校(宮城県気仙沼市)およびその周辺                                     
■参加スタッフ:吉川恭生・渡邉・上田・市野・渡・吉川芽以・河野・箱崎・松永                 
(音楽ワークショップ担当)瀬戸・登・イガキ・山田・ワタンベ・横沢・木村・熊谷                 
※楽隊メンバーは先に現地入り。別行動で仮設住宅などにてライブ活動を開催、途中合流

京都を出発~前日準備

サマースクールの前日に準備をするため、関西出発のスタッフは818日の夜JR「京都」駅に集合。SWTJの愛車「太郎号」が夜通し走って、目的地へ。
翌日の昼過ぎに、八瀬・森の学校のある旧月立小学校へ到着。以前から親しい仮設住宅の方々とも再会し、ごあいさつも済んだところで、次の日に子どもたちを迎えるための準備を始めました。
ずは、テント張り。今回のサマースクールでは計画途中で宿泊場所の確保が懸案になったのですが、八瀬・森の学校に近い新月立小学校グランドに同校・校長先生のご厚意でテントを張らせていただけることに。多くの方の協力があって、このイベントは成り立っています。
スタッフは、今晩の自分たちの宿泊場所の確保に加え、次の日、子どもたちへテント張りの指導せねばならないとあって責任重大。汗だくになりながら、テントを2張り仕上げました(私たちが予想していた以上に東北の日射しは強く、暑さもすごかったのです)。
一方、6月に完成した「月立のコミュニティースペース」も、重要な拠点に。簡単な調理や、スタッフのミーティングもここで行います。
コミュニティースペース前に、集会用テントを(後にはターフも)張って日陰を作り、子どもたちの主な活動の場を確保しました。
 

サマースクールがスタート!

期間中は、幸いなことに天気がくずれることもなく、予定していたプログラムを実施することができました。ただ、暑さによる子どもたちの体力の消耗など、ようすを見ながらスケジュールを調整しなおした部分もあります。

【8月20日・サマースクール1日目】

午前9時 子どもたちが気仙沼駅に集合
午前9時30分 開会式
午前10時30分 テント張り
正午 昼食(流しそうめん)
午後1時 「手づくり夏まつり」の準備
午後3時 「手づくり夏まつり」スタート
午後5時 後片付け
午後6時 夕食(カレーライス)
午後7時 お楽しみイベント(ミニライブ)
午後9時 就寝